html

何度か断捨離をやっています。
流行っているだけあり、実際にメリットがたくさんありました。
断捨離は物理的にも精神的にも両方の面でおすすめだと思います。
しかし、デメリットも少なからずありました。
そんな断捨離のメリットとデメリットについて、私の経験からお伝えします。

 

メリットについてですが、これはたくさんあります。
まず、基本的な目的とも言える整理整頓が出来る事です。
いらないものを捨てていくので、確実に部屋はキレイになります。
そして、キレイになると気持ちがスッキリします。
これはよく言われる事ですが、実際に体験すると本当に晴れやかな気持ちになります。
自分がこの時点でなんだか変わった気さえしてきます。
この効果は一時的でもすごくメリットがあると思います。
ストレスがたまっている時にやれば、ストレス発散にもなるほどです。
そして、もう1つ。
無駄な物がわかってきます。
捨てていくうちに、使っていないのに買ってしまった物が大量に出ます。
特に私の場合ですが…。
すると、今後の教訓になります。
そして、無駄遣いがなくなると言う流れです。
これは人それぞれかもしれませんが、私には大きなメリットでした。
ついつい買ってしまうと言う悪癖をストップするいいきっかけとなりました。

 

では、デメリットは…。
断捨離をしていると気分が良くなり、スッキリさせたいが為にどんどん捨ててしまいます。
すると、必要な物まで捨ててしまうと言う事が時々あります。
滅多に使わないのに、捨ててしまったものに限って、必要になったりします。
これは、私の判断ミスとも言えますが、意外にこういう結果になってしまう人もいるようです。
そのあたりに注意して、捨てる前にもう一度よく考える事が重要です。

 

メリットに比べれば、デメリットは大した事はありません。
人によってはデメリットはないに等しいかもしれません。
断捨離はとてもおすすめです。
ぜひ、断捨離で部屋も気持ちもスッキリ快適にして下さい。

続きを読む≫ 2017/11/22 18:03:22

今から5・6年前に、悪いことが重なり、精神的に疲れていた時期がありました。
私は、なんとかつらい状況を乗り切ろうと、本屋さんに参考になる本はないか? と、よく本を探しに行ったものです。

 

その頃、本屋さんの目立つコーナーに全面展開されていたのが断捨離関係の本でした。断捨離とは、「入ってくる不必要な物を断ち、持っているいらない物を捨て、物への執着心から離れる」という仏教に通じる価値観からきた言葉であります。
以前から、仏教に興味を持っていた私は、ためらいなく断捨離を始めることにしたのです。

 

そこで参考にした本が、今や世界的に有名になった近藤麻理恵さんが書いた「人生がときめく片付けの魔法」という本でした。
はじめは「『人生がときめく』だなんて大げさだな〜」とおもいました。しかしながら、断捨離を訴求した内容ではありませんでしたが、片付け方に関しては驚くほど評判が良かったので、参考にしてみることにしたのです。

 

その本に一通り目を通してみると、なるほど目から鱗でした!
今まで片付けられないでいた原因が痛いほど分かり、この本のテーマにもなっている、<「何を捨てるのか」ではなく、「どんなモノに囲まれて生きたいのか」>という言葉に身につまされる思いだったのです。

 

さっさく、本に書いてあることを参考に、10日ぐらいかけて家の中を徹底的に片づけました。
そして、その後、一ヶ月が経ち、一年が経ちましたが自室の全体が乱れることはありませんでした。 そして5年ほど経った今でも続けているので、以前の乱れた部屋に戻ることはありません。
まさか、ここまで効果が出るとは思いもしませんでした・・・。

 

ただし、片づけに夢中になりすぎて後から買い直したこともあったので、捨てすぎだけには注意が必要です。

続きを読む≫ 2017/06/07 14:19:07