断捨離の極意

何度か断捨離をやっています。
流行っているだけあり、実際にメリットがたくさんありました。
断捨離は物理的にも精神的にも両方の面でおすすめだと思います。
しかし、デメリットも少なからずありました。
そんな断捨離のメリットとデメリットについて、私の経験からお伝えします。

 

メリットについてですが、これはたくさんあります。
まず、基本的な目的とも言える整理整頓が出来る事です。
いらないものを捨てていくので、確実に部屋はキレイになります。
そして、キレイになると気持ちがスッキリします。
これはよく言われる事ですが、実際に体験すると本当に晴れやかな気持ちになります。
自分がこの時点でなんだか変わった気さえしてきます。
この効果は一時的でもすごくメリットがあると思います。
ストレスがたまっている時にやれば、ストレス発散にもなるほどです。
そして、もう1つ。
無駄な物がわかってきます。
捨てていくうちに、使っていないのに買ってしまった物が大量に出ます。
特に私の場合ですが…。
すると、今後の教訓になります。
そして、無駄遣いがなくなると言う流れです。
これは人それぞれかもしれませんが、私には大きなメリットでした。
ついつい買ってしまうと言う悪癖をストップするいいきっかけとなりました。

 

では、デメリットは…。
断捨離をしていると気分が良くなり、スッキリさせたいが為にどんどん捨ててしまいます。
すると、必要な物まで捨ててしまうと言う事が時々あります。
滅多に使わないのに、捨ててしまったものに限って、必要になったりします。
これは、私の判断ミスとも言えますが、意外にこういう結果になってしまう人もいるようです。
そのあたりに注意して、捨てる前にもう一度よく考える事が重要です。

 

メリットに比べれば、デメリットは大した事はありません。
人によってはデメリットはないに等しいかもしれません。
断捨離はとてもおすすめです。
ぜひ、断捨離で部屋も気持ちもスッキリ快適にして下さい。

続きを読む≫ 2017/11/22 18:03:22 html

掃除が元々嫌いで、部屋も汚くするタイプでしたが断捨離するようになったらスッキリと部屋も綺麗になりました。
特に洋服はドンドン貯まり、気付いた時はタンスに入らないように養父がいっぱいになっていたこともあり、これはまずいなと感じていたので、もう3年間着ないような洋服は処分するようにしました。
タンスの肥やしになって、どんどん着ない服が増えていくのも困りますし、タンスにしまいきれないほどの洋服が増えていくのも大変なので、着なくなった服やコートは処分するようにしました。
まだ数回しか着ていない洋服は、リサイクルショップへ持っていったり、オークションへ出品するようにして、色々と分別しながら断捨離するようにしています。
オークションでは、意外と高値で買い取ってくれることもあり、これはちょっとしたお小遣いにもなるので、けっこう楽しく断捨離するようにしています。
特に子供の服は、数回しか着ないうちにすぐサイズがアウトになることが多々あり、オークションへ出品するとすぐ売れるので、なかなか満足しています。
上手に活用するようにしているので、やりくり上手になってきましたし、断捨離するのが負担に感じることなく、部屋も綺麗になり、物も高値で買い取ってくれるのでお小遣いもアップして、自分の楽しみの一つになりました。
断捨離で不要になった品は活用することで、収入にもなりますし、情報活用することで暮らし上手になるのを発見することができました。

 

断捨離をしようとしたら思わぬ副業を発見!それが→コレ
掃除が苦手なズボラ女が断捨離を決意!すると、思わぬ形でお小遣いが稼げる副業を発見!
断捨離もできてお小遣いも稼げて一石二鳥の方法とは?
断捨離.net/

続きを読む≫ 2017/06/18 14:15:18 merryboys

今から5・6年前に、悪いことが重なり、精神的に疲れていた時期がありました。
私は、なんとかつらい状況を乗り切ろうと、本屋さんに参考になる本はないか? と、よく本を探しに行ったものです。

 

その頃、本屋さんの目立つコーナーに全面展開されていたのが断捨離関係の本でした。断捨離とは、「入ってくる不必要な物を断ち、持っているいらない物を捨て、物への執着心から離れる」という仏教に通じる価値観からきた言葉であります。
以前から、仏教に興味を持っていた私は、ためらいなく断捨離を始めることにしたのです。

 

そこで参考にした本が、今や世界的に有名になった近藤麻理恵さんが書いた「人生がときめく片付けの魔法」という本でした。
はじめは「『人生がときめく』だなんて大げさだな〜」とおもいました。しかしながら、断捨離を訴求した内容ではありませんでしたが、片付け方に関しては驚くほど評判が良かったので、参考にしてみることにしたのです。

 

その本に一通り目を通してみると、なるほど目から鱗でした!
今まで片付けられないでいた原因が痛いほど分かり、この本のテーマにもなっている、<「何を捨てるのか」ではなく、「どんなモノに囲まれて生きたいのか」>という言葉に身につまされる思いだったのです。

 

さっさく、本に書いてあることを参考に、10日ぐらいかけて家の中を徹底的に片づけました。
そして、その後、一ヶ月が経ち、一年が経ちましたが自室の全体が乱れることはありませんでした。 そして5年ほど経った今でも続けているので、以前の乱れた部屋に戻ることはありません。
まさか、ここまで効果が出るとは思いもしませんでした・・・。

 

ただし、片づけに夢中になりすぎて後から買い直したこともあったので、捨てすぎだけには注意が必要です。

続きを読む≫ 2017/06/07 14:19:07 html

子供が中学生になる時、断捨離を行いました。
それまでは、リビング学習だったので、リビングに机を置き、本棚などもあったのでリビングが狭く感じていましたし、部屋がごちゃごちゃしていました。
中学入学を機に子供部屋を作り、そこへ机を移動したのでリビングもスッキリして広くなったのを感じました。
小学生の頃使用していたお道具箱、給食エプロン、ランドセル、教科書など沢山あったので、まずそれをどうするか検討しました。
給食エプロンなどは小学校のリサイクルへ出し、教科書もまとめ、ランドセルは海外へ寄付するなど、色々と分別してから断捨離するようにしました。
子供服も小さくなった分は、まとめてリサイクルショップへ持って行ったので、買い取ってくれるものもあり、なかなか満足できました。断捨離をしたことで、小学生の頃使っていたものがだいぶ減り、問題集などもまとめて処分したので、かなりスッキリしました。
もう使用しない者も沢山ありますし、断捨離したことでリビングもスッキリして、子供部屋もでき、メリハリがついた感じになったので、とても快適な空間です。
断捨離は、不要な物を出したら、リサイクルショップへ持っていく物や学校リサイクル、寄付するものなど様々な種類に分けて処分したので、有効的な活用ができたと感じるようになりました。
けっこう埃も溜まっていた部分もあり、綺麗に掃除することができたので、断捨離は定期的に必要だと感じています。

続きを読む≫ 2017/06/04 16:04:04 jw

不要なものを片付けてすっきりとした暮らしを目指したい人に断捨離はおすすめです。
ですが、どこから始めるといいのか迷いがあります。途中で断念してしまわないためにも、ちょっとしたコツがあります。
まず物が溢れている人というのは、収納に入りきらない量のものを持っています。収納を買い足す前にその溢れてしまったものを収納する場所を作らなくてはいけません。家の中で一番物で溢れている場所から断捨離をスタートすると、早い段階で達成感も感じられます。
リビングが散らかっているのなら、リビングの収納の中から断捨離を始めます。この時、上級者は全てを引っ張り出して片付けるのですが、初心者がやってしまうと収拾が付かなくなります。ですから1日に1つの引き出し、棚から取り掛かります。
1日で片付けようとするのではなく、1日の片付けは30分以内に終る範囲内にします。1日で終らせようとすると断捨離を続ける意欲も途切れてしまうためです。
棚の中に空間が出来るとついその空間を埋めてしまいたくなりますが、空間は空間で残しておきます。そうすることで万一物が増えた時に、一時的に収納する場所も確保できます。理想は7割収納、3割空間です。空間ができたということは、それだけ断捨離が進んでいる証拠でもあります。
収納の中がすっきりした所でようやく、溢れて収納しきれない物の場所を決めます。収納する時には一番使いやすい場所に片付けることが大切です。使う場所と収納する場所が離れていると、また物をほったらかしにしてしまう原因にもなりかねません。

続きを読む≫ 2017/06/03 14:48:03 HONKI

断捨離という言葉は聞いたことがある、でもどんな事かまたは何が良いのかは結構分かりづらいものですよね。
そんな方のために簡単に断捨離に関する事をまとめてみたいと思います。

 

まず言いたいのは私自体が結構捨てられないで物を溜めてしまう癖があるという事です
その経験に基づいて言いますと始めるまでが一番大変でした。
断捨離とは新しく入るのを断ち本当に要らないものを捨てるという単純な行為ですがそれ故に難しいです、その人によっての癖や習慣というのは簡単には治りにくいですからね。
ですから成功させるコツは始める事が出来るか否かという本当にシンプルな事だと私は思います。
始めるに辺り大事なのは断捨離をするという事を習慣として生活に入れてしまうことです
何かをするついでにこれも片付けるや誰かを部屋に招く等条件付けは何でも良いと思います
何かを切っ掛けに始めてしまえば後は思うよりスムーズに進むと思います【友人やご家族に手伝ってもらうのも切っ掛けとしては良いと思います】
何故スムーズに進むかというのはメリットの一つでもあります一度不要な物を捨てたり断つ事をすると意外と気分が良くなります部屋が広くなるや本心では捨てたいと思っていた気持ちが
開放されたりと理由は様々だと思います。
更には継続していけば色々な余裕【金銭や空いたスペースの有効活用等】や楽しみも生まれ充実するようになるのもメリットだと言えます。

 

ですが逆に注意点というかデメリットもあります断捨離しにくかった方が断捨離にハマると逆の効果が出る場合もあります、つまりは必要なものを排除してしまうことです。
捨ててはいけない物も生活に必要な物も要らない物と思うようになるのは大変危険です
断捨離は良い事ですが程々に抑えるのも大事という事です。
ここまでを要約しますと
1,コツと始めることは同義である
2,始めるための切っ掛けを見つける
3,継続できるように始める条件付けを習慣に取り入れる
4,出来なかった方ほどハマりやすい
5,やりすぎは返って良くない

 

以上が断捨離の基本のまとめとなります
興味を持っていただけましたら是非お試しになってみて下さいね
ここまで読んで頂きありがとうございました。

続きを読む≫ 2017/06/01 15:21:01 html